Spots [ 周辺案内 ]

細部

1989年、台湾で空前のヒットとなった映画『悲情城市(A City of Sadness)』(侯孝賢監督)のロケ地となったことにより、九份は再び脚光を浴びるようになる。映画を通じて、時間が止まったようなノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多くの人々が九份を訪れ、メディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に九份ブームが起こった。
 
情報ソース: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E3%83%95%E3%83%B3